一般社団法人 日本出版取次協会

www.torikyo.jp

TOPICS

  • 平成15年 7月 8日
  • 新出版ネットワークの稼動状況について
  •  

  • (社)日本出版取次協会(会長・金田万寿人)が中心となって構築を進めていた新出版ネットワークは、4月21日よりEDIサービスを開始したが、6月までに出版社60社が加入し、7月には100社を超える事が明らかになった。
  • 加入出版社のほとんどは旧出版VANからの切り替えで、講談社・小学館・新潮社・筑摩書房・学習研究社など約100社が7月までに移行を完了する。
  • 取扱データ量は既に旧出版VANを上回っており、今年中には新出版ネットワークへの切り替えを完了させたいとしている。
  • 一方、今回新たに構築するWEB-EDIサービスはプロトタイプ版が完成しており、導入予定出版社の協力を得て検証・評価を行なっている。早ければ7月下旬にもリリースされる見通しである。
  • WEB-EDIサービスは、パソコンとインターネットに接続出来る環境があれば簡単に新出版ネットワークに参加可能で、在庫情報の提供や受発注のデータ交換がインターネット上で実現出来る。
  • これまで、システム投資費用等の点がネックとなって出版VANへの加入を見送っていた出版社も、大きな負担なく加入することが可能になる。
  • 今後は、中小出版社を中心にWEB-EDIサービスの利用を呼びかけ、加入出版社の拡大を図って行きたい考えである。

 

●本件に関する取材申込み先
一般社団法人日本出版取次協会・事務局 黒沢・石原
TEL:03-3291-6763 / FAX:03-3291-6765